アルトコイン

これから来る仮想通貨の選び方  覚えておきたい2つのジャンルDeFiとNFT

現在、世界中には数千種類の仮想通貨が存在すると言われています。


その中から「どの仮想通貨がこれから伸びそうなのか?」というのは気になるところ。


そこで今回は、仮想通貨の選び方について整理し将来性の高い仮想通貨などを紹介してゆきます。

BTC(ビットコイン)

まずは仮想通貨の王様BTC(ビットコイン) ははずせないでしょう。


BTCはP2P技術に基づく分散型のシステムによって公的な発行主体や管理者が存在しない非中央集権型の電子決済システムで、参加者全員で管理する世界初の分散型の決済システムを構築しています。


更にBTCは仮想通貨の基軸通貨的存在になっており更にはエルサルバドルの法定通貨としても取り扱われこれから決済の一つの手段として導入しようとする国や大手企業も増えてきています。

ETH(イーサリアム)

次に抑えておきたいのはETH(イーサリアム)です。


ETHは分散型アプリケーション(Dapps)のプラットフォーム内で使用される通貨として開発されました。


イーサリアムの特徴といえばスマートコントラクト機能が有名です。

スマートコントラクト機能とは、条件を満たした場合に自動的に契約を実行するための仕組みのことを指します。

契約情報はブロックチェーン上の書き込まれるため、改ざんされるリスクが少なく、契約の履行に第三者を介する必要がありません。

覚えておきたいジャンル

DeFi

ブロックチェーン上に構築された金融系サービスです。


ブロックチェーン上では、ひとつの取引データをユーザー全員で管理する仕組みをとっていることから権力が集中することがありません。

ブロックチェーンの特徴を活かして分散型取引所(DEX)DeFiアプリケーションが開発されています。

主なDeFi関連銘柄:ETH・UNI・LOST・AAVE・LINKなど

NFT

仮想通貨の中でも注目を集めているのがNFT関連銘柄の仮想通貨です。

各通貨が提供しているブロックチェーンなどの特徴やサービス内容を調べて将来性が見込めるものに投資を行うと良いでしょう。

例えば、NFT関連銘柄の中でも、ブロックチェーン上で様々なアプリケーションやゲームを開発できるものもあれば、最近話題のメタバースなどゲーム内で利用できる仮想通貨など、様々なものがあります。


NFTゲームであれば、「ゲーム」と「DeFi」を組み合わせた「GameFi(ゲームファイ)」という分野が人気をあつめています。


GameFiのゲームアプリケーションは、「プレー・トゥ・アーン(play-to-earn)」という仕組みのもとユーザーがゲームをプレイすることで、利益を得られます。

「プレー・トゥ・アーン(play-to-earn)」とも呼ばれています。そのゲームの特徴やユーザーからの人気度・斬新性などがあると価格上昇に期待が持てるでしょう。


主なNFT銘柄SAND・MANA・ENJ・CHZ・FIOWなど

(執筆:ranbouman)

参考:仮想通貨の取引口座、1つだけはリスクがあり。それぞれ得意不得意があるのでいくつか開設しておきましょう。「コインチェック」「ビットバンク」「フォビジャパン」がお勧め。


関連記事

  1. Pi Networkとは?無料でできるマイニングについて使用感を…
  2. メタバース×暗号通貨の時代がやってくる 最近の様々な動きを紹介
  3. 松屋銀座でJPYC決済が可能に! 幅広いJPYCの可能性を解説
  4. 【リスク0で投資できる】ビットコインが貯まるbitFlyer(ビ…
  5. 【人気急騰】これから伸びそうなメタバース銘柄おすすめ3選
  6. 今、注目のアルトコイン「Winkies」「Nodle Cash …
  7. ビットコイン以外で稼げる仮想通貨はどれ?
  8. 【短期向けデータ満載】ビットコイン400万円手前に!350万円を…

入門者はここから

ニュースの記事一覧

アルトコインー記事一覧

取引所の記事一覧

ニューストレンド

カテゴリー記事一覧

カテゴリー記事一覧

アルトコイン

仮想通貨取引所

NFT Times
米国株の達人
PAGE TOP