入門者はここから

ポートフォリオに占める仮想通貨の割合は5~10%にすべき理由

去年の12月からの一年間で3倍以上になったビットコインを始め、多くの仮想通貨がここ一年で値上がりしました。

その要因は、アメリカが取った金融対策の量的緩和が大きな要因と言われています。

今後も同じように値上がりするのであれば、全財産を仮想通貨に投資することで大きな富を得ることができます。

しかし、来年以降も同じように値上がりするとは限りません。

そこで本記事では、どのくらいの割合で仮想通貨に投資すれば良いのかの目安を紹介します。

本予想は、仮想通貨の値動きを保証するものではありません。投資は自己責任でお願いします。

仮想通貨をポートフォリオに入れるメリット

仮想通貨がポートフォリオに占める割合を紹介する前に、ポートフォリオに入れるメリットについて紹介します。

私が考える、仮想通貨をポートフォリオに入れるメリットは、3つです。

  • 将来の値上がりに期待
  • インフレヘッジとしての役割
  • ボラティリティ(価格変動)が大きい

投資をなぜやるかといったら、やはり利益を得るためです。

仮想通貨は近年大きく値上がりしていて、今後も認知度が上がるにつれて需要が高まると予想されます。

しかし、仮想通貨には発行上限があるため供給量が大きく増えることがありません。

よって、今後も需要が供給を上回る可能性が高く、値上がりが期待できます

日本以外の国は、法定通貨の価値が徐々に下がり、物価の価値が上がっていくインフレが普通です。

法定通貨の価値が下がり続けているのに、持ち続けることはリスクになります。

日本もいつインフレになるかわかりませんので、仮想通貨などの他の資産に分散投資することで、インフレヘッジすることをおすすめします。

ボラティリティ(価格変動)が大きいことは、メリットでもありデメリットと考える人もいるのですが、大きな利益を獲得できる可能性があります。

ポートフォリオに占める仮想通貨

ポートフォリオに占める割合は、ボラティリティを基準に決めるのが良いと思います。

仮想通貨は、株や不動産などの他の投資よりボラティリティが高いため、ポートフォリオに占める割合が大きければ、仮想通貨の成績が他の成績を飲み込んでしまいます。

そこで、私がおすすめするのは5~10%です。

この程度であれば、仮想通貨の価値がゼロになっても、そんなに痛くありませんが、価値が10倍になればポートフォリオに占める割合は50%くらいになり、大きな利益を実感できます。

100%仮想通貨に投資して億り人になった人がいることも事実ですが、資産が半分以下になり撤退した人がいることも事実です。

投資は生き残っていれば、いつかは必ず利益が出ると思っているので、無理のない範囲で運用するのが一番だと思います。

参考:仮想通貨の取引口座、1つだけはリスクがあり。それぞれ得意不得意があるのでいくつか開設しておきましょう。「コインチェック」「ビットバンク」「フォビジャパン」がお勧め。


タキオン

投稿者の記事一覧

40代既婚者。国立大学大学院工学部卒。16年勤めた精密機器メーカーのエンジニアを退職し、現在は個人事業主として、3つの仕事を掛け持ち中。株式投資歴は16年。不動産投資と仮想通貨投資も行う。日々勉強し、新しいことに挑戦中。

関連記事

  1. 仮想通貨は年始から暴落 暴落時はどうすればいいか解説
  2. 【2022年予想】テーパリングで仮想通貨はどうなる!?過去テーパ…
  3. 仮想通貨は積み立て投資一択。リスクを抑えて、利益を獲得。
  4. 中国政府の「仮想通貨を全面禁止でもブロックチェーンはOK」の矛盾…
  5. 「仮想通貨で億り人」を達成できる可能性と注意点
  6. 「コインチェックの偽サイト」に個人情報を入力するという失態を犯し…
  7. CoinGeckoでもらえるキャンディとは?将来トークン化で爆益…
  8. 仮想通貨にオススメのトレード法解説 短期長期別のメソッド

入門者はここから

ニュースの記事一覧

アルトコインー記事一覧

取引所の記事一覧

ニューストレンド

カテゴリー記事一覧

カテゴリー記事一覧

アルトコイン

仮想通貨取引所

NFT Times
米国株の達人
PAGE TOP