アルトコイン

イーサリアム2.0は間に合うか イーサリアムの座を狙う「イーサリアムキラー」とは?

今までブロックチェーンは2種類しかありませんでした。

〈時価総額第1位の不動の独占市場〉ビットコイン&ブロックチェーン

〈時価総額第2位の広がる寡占市場〉イーサリアム&イーサリアムブロックチェーン

しかしこの寡占市場が揺らいで来ており、イーサリアム&イーサリアムブロックチェーンを攻撃してくる「イーサリアムキラー」が現れ始めたのです。

寡占であるが故に今後のイーサリアム&イーサリアムブロックチェーンはどのような運命を辿るのでしょうか?

※結構難しい為、初めての人でも分かるようにあえて簡潔に極力難しい言葉は使わないようにしますので予めご了承ください。

イーサリアムブロックチェーンの能力

ビットコイン&ビットコインは独占状態で始めから時価総額第1位をキープして暗号資産1つでここまでの不動の地位を築き上げました。

しかしイーサリアム&イーサリアムブロックチェーンは寡占市場にビットコインと真逆の競争の世界という戦場に出たのです。

イーサリアムブロックチェーンの能力は「スマートコントラクト」というイーサリアムブロックチェーン上でプログラムを組む事が出来るのです。

そこで誕生したのがイーサリアムとイーサリアムブロックチェーンを使用した「DeFi と NFT」でイーサリアムは人気が急増しました。

しかし同時に欠点も存在しました。

・低い処理能力

・高いガス代(手数料)

これらを解決するには「イーサリアム2.0」をつくる必要がありましたが時間がかかり過ぎ、競争世界は優しく待っててくれず、現れたのは「イーサリアムキラー」というイーサリアムの座を狙うものたちでした。

イーサリアムキラーとは

イーサリアムの欠点とは正反対の

・高い処理能力

・安いガス代

を有し実行すればDeFi・NFT・イーサリアムの市場を奪えると、「イーサリアムキラー」が複数現れました。

利便性からユーザーは「イーサリアムキラー」に乗り換えたり、一部ユーザーは戻って来たりの大合戦となっています。

具体的な イーサリアムキラー

・ADA(カルダノ)

DeFi・NFT・dAppsを実行

・DOT(ポルカドット)

web3.0対応を目指しており、スイスのWeb3 Foundationにより作られた

・FTM(Fantom)

イーサリアムの問題解決とイーサリアムの代替スマートコントラクトを市場に提供

・SOL(ソル)

圧倒的な処理能力の高さから注目を集めています。

この他にも「イーサリアムキラー」はまだまだありますが、取り敢えず人気が高いものを例として出しました。

イーサリアムキラーは悪役ではない

イーサリアムキラーは悪役のように聞こえますがキチンとユーザーの事を考えています。

もしイーサリアムが築いてきた市場をイーサリアムキラーに塗り替えられようと、これがイーサリアムが選んだ寡占市場の世界なので、いた仕方のない事です。

イーサリアムキラーを購入した人は一気に爆益を得たので、これからもブームが来るかも知れません。

イーサリアムキラーは約60倍以上の値上がりと大人気ですので、自身の責任範囲内での購入するのも良いかも知れません。

参考:仮想通貨の取引口座、1つだけはリスクがあり。それぞれ得意不得意があるのでいくつか開設しておきましょう。「コインチェック」「ビットバンク」「フォビジャパン」がお勧め。


shin1110

投稿者の記事一覧

私は米国株・日本株・新興国株・FX・暗号資産・不動産投資不動産REIT・金(GOLD)・ETF・CFD・NISA・投資信託・iDeCoを投資しております。投資してなくても新しい投資を勉強してますので、DeFi・NFT・メタバース・web3.0、ブロックチェーンゲームなども知識を持っていますので分かりやすく解説致します。

関連記事

  1. 仮想通貨市場はようやく底値なのか 今週の注目ニュースとベンチャー…
  2. 暗号資産がもらえるWebブラウザ「Brave」 広告を見るだけで…
  3. 【200%上昇中】NEARプロトコルの特徴や上昇の要因、将来性を…
  4. Web3.0の世界 ブロックチェーンで個人情報の所有者が変わる
  5. 【爆益の可能性あり】ICOに参加するためにすべきことは?
  6. 消滅する?将来不安なアルトコイン3選  XRP、FCT、MONA…
  7. 仮想通貨とメタバースの関係性と未来
  8. Meta社がDiemプロジェクトを売却 ステーブルコインの将来性…

入門者はここから

ニュースの記事一覧

アルトコインー記事一覧

取引所の記事一覧

ニューストレンド

カテゴリー記事一覧

カテゴリー記事一覧

アルトコイン

仮想通貨取引所

NFT Times
米国株の達人
PAGE TOP