アルトコイン

Meta社がDiemプロジェクトを売却 ステーブルコインの将来性

メタ(元フェイスブック)社が開発を進めていた仮想通貨を覚えていますか?

当時は「Libra」と言われていて、一時日本でも騒がれていました。

Libraプロジェクトはその後、「Diem」と名を変えて継続されていました。

しかし先日メタ社は、このプロジェクトを売却したと発表しています。

新しくプロジェクトを担うシルバーゲート・キャピタルという金融機関です。

今回はプロジェクトを引き継いだシルバーゲート社の目線から、「Diem」の将来性について深堀します。

参考:Metaの仮想通貨プロジェクト「Diem」が終了–資産を売却(yahoo!news)

参考:Silvergate Keeps Its Stablecoin Dream Alive After Diem Purchase(bloomberg.com)

「Diemコイン」とは

Diemプロジェクトは2019年、Libraという別の名前でスタートしました。

目的は、紙幣通貨と証券に裏付けされたステーブルコインを発行することです。

しかしプロジェクトは多くの規制や法律の圧力の中で規模が縮小されてしまいます。

Diemコインは始動せず、創設者のDavid MarcusはMeta社を去り、創設パートナーのうちの5社がプロジェクトから離脱しています。

シルバーゲート社は2021年に初めてディエムと関わり、ディエムの安定コインの独占発行者になることに同意しました。

同年11月に米大統領府の発表した報告書で、「ステーブルコインは銀行が発行するべきだ」と提言されていたことをきっかけに、シルバーゲートとDiemプロジェクトは再始動し始めます。

銀行が目指すステーブルコイン運用

シルバーゲート社が考えるステーブルコインの収益プランは3つあります。

1、コインの発行手数料

2、小売店の取引手数料

3、裏付け資産として保有する米ドル準備金の金利運用

シルバーゲート社はDiemの決済ネットワーク、ステーブルコイン、知的財産を買収しましたが、その従業員は一人も引き入れませんでした。

「われわれは、Facebook社やDiem社の人間を雇ったわけではありません。われわれは、決済ネットワークを運営する規制された金融機関なのです」。 

CEOのアラン・レーン氏はこう述べていて、元Diem社が規制当局に悪印象を持たれていたことは心配していないとのこと。

サービス展開のタイミングとその範囲は、規制当局の承認に依存するともされています。

Diemの将来性

シルバーゲート社は、Diem資産の購入価格合計1億8200万ドルのうち、1億3200万ドルを株式で支払っています。

Diem社の元メンバーの多くが銀行株主となります。

具体的な内容は明らかにされていませんが、数人の元メンバーは今もブロックチェーン・ネットワークのノードを運営しているようです。

元メンバーに同社の株式を配る事で、プロジェクトを応援してもらう体制を作っているように見られます。

DAOとガバナンストークンの仕組みに近いのかなと思います。

計画中のステーブルコインを発行して利用するために、銀行のコンソーシアムを作ることも検討していると、レーン氏は述べています。

ステーブルコインの利用に際し、大量の消費者利用に拍車をかける可能性があるのは、FacebookやUberのような巨大な消費者向けサービスであることを理解しているという事です。

DiemプロジェクトがMeta社の手を離れたため、話題性が薄れるような印象がありますよね。

しかし、シルバーゲート社の堅実な計画を理解すると、むしろこれから面白くなるプロジェクトではないかと感じています

参考:仮想通貨の取引口座、1つだけはリスクがあり。それぞれ得意不得意があるのでいくつか開設しておきましょう。「コインチェック」「ビットバンク」「フォビジャパン」がお勧め。


つぼい

投稿者の記事一覧

「FX/仮想通貨×SEO」で活動している副業ライターです!|100万円ほどで仮想通貨を運用しつつ、トレンドニュースについて記事を投稿しています

関連記事

  1. ステーブルコインって何? 価値が安定した仮想通貨の仕組みと問題点…
  2. 「仮想通貨で億り人」を達成できる可能性と注意点
  3. ついにダウンタウン松本人志まで暗号資産CMに出演 仮想通貨市場は…
  4. 【短期向けデータ満載】ビットコイン400万円手前に!350万円を…
  5. ビットコイン以外で稼げる仮想通貨はどれ?
  6. 消滅する?将来不安なアルトコイン3選  XRP、FCT、MONA…
  7. ビットコインは一度もハッキングにあったことはない 仮想通貨ハッキ…
  8. アメリカは仮想通貨「促進」、ロシアは仮想通貨「廃止案」 その違い…

入門者はここから

ニュースの記事一覧

アルトコインー記事一覧

取引所の記事一覧

ニューストレンド

カテゴリー記事一覧

カテゴリー記事一覧

アルトコイン

仮想通貨取引所

NFT Times
米国株の達人
PAGE TOP