ニュース

アメリカは仮想通貨「促進」、ロシアは仮想通貨「廃止案」 その違いはどこにあるのか?

先進国アメリカは仮想通貨に肯定的、新興国のロシアは仮想通貨には否定的ですが、この違いにはどのような理由があるのでしょうか?

両国の法定通貨が関係しており、これらによって仮想通貨にも影響してくるのでしょう。

このアメリカ仮想通貨促進・ロシア仮想通貨廃止案を解説していきます。

アメリカの仮想通貨事情

バイデン大統領と政権は仮想通貨のリスクとチャンスを判断出来るように連邦政府機関に大統領令を出す事を定しています。

つまりホワイトハウスが仮想通貨の政策立案と規制の中心的役割を担う事になり、数年前からリサーチをして準備を進めています。

・OCC(通貨監督庁)

・SEC(証券取引委員会)

・CFTC(商品先物取引委員会)

これらによって仮想通貨のルールがあやふやな為、各主導機関によって何度もミーティングを行い、バイデン大統領に提出する事になっています。

アメリカは世界で2番目に仮想通貨を「仮想通貨ビットコイン先物ETF」に投資しており、今後の投資と仮想通貨の普及の拡大が見込まれるからです。

これにより「世界基軸通貨である米ドルの金融安定」を求める事により、仮想通貨のハッキリとした法律がなかったでは不味いのです。

今後、仮想通貨の発展に求められるものは規制と法律だからこそ、今動くべき時だと考えられます。

ロシアの仮想通貨事情

ロシアの中央銀行が仮想通貨を金融システムを不安定にする恐れがある事から、仮想通貨を禁止する提案をして法改正で議論される予定です。

今現在の世界の仮想通貨(時価総額は2兆3,000億ドル(約260兆円) )のDeFi・NFT・メタバースを入れたらもっと上がるでしょう。

FX(外国為替取引)をトレードしている人はお分かりだと思いますが、ロシア通貨ルーブルはお世辞にも流動性が激しいとは全然言えません

そこへ最近ロシア国内での仮想通貨人口が増えており、ロシア国内での仮想通貨取引は「50億ドル以上(約5,700億300万円) 」になり流動性がますます高まります。

もう一つは「マネーロンダリング(麻薬取引・テロリストなどの犯罪資金調達) 」が頻繁に行われていると危惧されています。

近い内に仮想通貨禁止になる確率はかなり高いと思われます。

以上のように仮想通貨(暗号資産)は使いようにより、または国により、経済をより豊かに、また逆に国を危ぶむ事になり得る事があります

今回はアメリカ、ロシアを例に出しましたがどちらも間違っておらず犯罪に使用される事なく正しく使われる事を最優先にするべきでしょう。

参考:仮想通貨の取引口座、1つだけはリスクがあり。それぞれ得意不得意があるのでいくつか開設しておきましょう。「コインチェック」「ビットバンク」「フォビジャパン」がお勧め。


shin1110

投稿者の記事一覧

私は米国株・日本株・新興国株・FX・暗号資産・不動産投資不動産REIT・金(GOLD)・ETF・CFD・NISA・投資信託・iDeCoを投資しております。投資してなくても新しい投資を勉強してますので、DeFi・NFT・メタバース・web3.0、ブロックチェーンゲームなども知識を持っていますので分かりやすく解説致します。

関連記事

  1. 購入タイミングのサイン?仮想通貨投資におすすめのテクニカル指標3…
  2. ステーブルコインって何? 価値が安定した仮想通貨の仕組みと問題点…
  3. 【体験談】仮想通貨を持つことのメリット・デメリット
  4. イーサリアム2.0は間に合うか イーサリアムの座を狙う「イーサリ…
  5. 【最重要】投資する仮想通貨を選ぶ際の3つの基準 なんとなく…、S…
  6. 【短期向けデータ満載】ビットコイン、ウクライナ情勢が影響も調整終…
  7. 仮想通貨市場がさらなる暴落 発生点と規制の影響について
  8. 仮想通貨は上昇トレンドへ 株式市場における仮想通貨の影響拡大につ…

入門者はここから

ニュースの記事一覧

アルトコインー記事一覧

取引所の記事一覧

ニューストレンド

カテゴリー記事一覧

カテゴリー記事一覧

アルトコイン

仮想通貨取引所

NFT Times
米国株の達人
PAGE TOP